Swissの職人技 -装飾芸術-

 現代で同じことをすればものすごいコストとなってしまうような細工でも 100年前のスイスでは平気でやっておりました。 実に気の遠くなるような細かい装飾が施されてますので紹介いたします。

 私はヨーロッパの気品ある雰囲気が好きで色々集めてます。やはり一級品は高価であるため所持しておりませんが、たとえ並級品であっても十分楽しめる内容だと思いますので御覧下さい。
 
(下の文字か画像をクリックして下さい)

Homeへ戻る

Homeへ戻る

スイス時計職人の技1 
手書きの陶製文字盤

スイス時計職人の技2 
文字盤の金属彫刻・金彩

スイス時計職人の技3 
ケースの装飾

Updated

スイスの懐中時計には、職人が精緻な装飾を施した作品がたくさんあります。

Counter

スイス時計職人の技4 
ギョーシェエナメル