Omegaの銀無垢懐中時計

戻る

入会頂きましたslowvisionさんの懐中時計です。

オメガは1900年のグランプリ取得を積極的にアピールして当時の時計に誇らしげに
刻んでいます。
それを、100年後の今に 毎日使われているのは、素晴らしいことですね。
ぜひ、末永くお使い下さい。

今後共よろしくお願い致します。

アフィ

slowvisionさんの自己紹介

私は東京在中30歳です。
懐中時計との出会いは、十数年前に他界した祖父の形見の懐中時計でした。
それ以降、普段使い用にひとつ欲しいなと思いつつもあまり欲しいデザインのものがなく、最近ようやく手に入れた第一号がオメガの銀無垢ケース懐中時計です。銀特有の輝きと重量感がとても気に入っています。
私にとっての懐中時計の一番の魅力は、大半の人が腕時計や携帯電話で時間を確認する中で、ポケットから懐中時計を取り出す行為に、慌しい生活の中のゆとりのようなものを感じ、一息つけるところです。
HPいつも楽しく拝見・勉強させていただいています。

時計の説明。
1900年パリ博覧会グランプリのオメガ銀無垢懐中時計です。
直径は5センチ(竜頭を含まず)、厚みは1.4センチ。
裏蓋を開けるとGRAND PRIX PARIS 1900の文字と6枚のコインの図柄が刻まれています。
重厚感とシルバーの質感が気に入っており、最近は毎日肌身離さず持ち歩いています。

戻る

戻る